お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 英会話の真実。

2018.09.07
英会話の真実。

「英会話」をするということ。

英会話が英語で会話するということくらい

英会話を学ぼうとする方ならわかり切っていることかと思います。

でも、そのイメージって、実は教室で、決まった会話ができるということだと思っていませんか?

街角で、急に話しかけられるイメージはありますか?

英会話と一口に言っても、

*空港の入国審査

*空港からホテルへのタクシー

*旅先のホテルの受付

*旅行中の買い物

*旅行中の食事

*行き帰りの飛行機の中での会話

などが挙げられます。

ここでアクシデントなどがあれば、

*担当の人(ホテルの係や警察、病院関係者)への状況説明

なども加わります。

一口に「英会話」と言っても、

相手によって話すことも内容も全く違います。

 

「とっさ」に慣れる。

現在Life Creator’s Studioのレッスンでは

「とっさの状況」に慣れるレッスンをしています。

突然話しかけられた時、血圧がぐ〜んと上がって

頭が真っ白にならない訓練です。

 

LCS(Life Creator’s Studio)では,

使える・話せる英会話を目指しています。

ですからなるべく話すことをメインにしたいのですが

とにかく英語を話すこと、聞くことに慣れるのが

重要になってきます。

学校で習った英語や英会話学校では、

教科書を使うので、ともすると教科書に書いてあることは

満点で話せます。という状況が起こります。

 

でも、本当の会話で、教科書にある英語が

その通りの状況でその通りの言葉で出てくることなんて

ほぼありません。(まあ、たまにはあります)

 

だからこそ、「とっさ」の対応が重要になってくるのです。

 

「予期しない状況」って?

私が一番驚いた状況は、横浜に住んでいた時に

ショッピングセンターでお買い物をしていて

るんるんと歩いていた時でした。

 

いきなり前方から外国人がやって来て

” You can speak English! I have a problem about my car!”

「英語話せるね!ちょっと車のことで困ってるんだ」

と話しかけられたことです。

いきなりすぎて、一瞬頭が真っ白になった覚えがあります。

この人、どうして私が英語話すってわかったんだろう?

と驚きながら対応しましたが、

内容から行くと、どうやら車を駐車したところに行っても

自分の車が見つからない。どうしたらいいだろうか?

ということでした。

そのショッピングセンターには4F,M4Fといったように

中間階があったので、多分中間階に止めたことが

わからなかったのだろうと思い

そのことを説明して、それでもわからなかったら

一階の受付に行ってくれと伝えました。

お礼を言われてトコトコ歩きながら

「こう言えばよかったかなあ?」などと

しばらく悶々としておりました。

 

つまり、英会話というのはこういう風に

突然、思いもしない状況で

思いもしないことを聞かれることがほとんどなのです。

 

これはかなり練習しておかないと対応できません。

だからこそ、LCSでは、この状況を作り出して

レッスンしています。

 

どうしたらできるかって?

 

それは是非どこかのクラスにいらして確認して下さいね。

お待ちしております!

それでは、Have a nice day!

 

 

 


一覧へ戻る

ロゴ

ワークピア磐田

〒438-0086 静岡県磐田市見付2989−3

竜洋なぎの木会館

〒438-0231 静岡県磐田市豊岡6605−3

PAGE TOP