お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

メガホンのアイコン お知らせ - news -

2018.02.19
料理を囲んで楽しくおしゃべり!

 

英会話の「発表会」に挑戦。

実は私、もう30年以上クラッシックバレエを習っています。

すでにクラスでは謎の存在です。

自分のお母さんより年上の人が同じバーで練習しているのですから。

 

最近では、先生より年上になってしまいました(苦笑)。

そんなバレエのクラスで、気づいたことがあります。

 

「発表会は進歩のチャンス」

 

そうなんです。

 

発表会で緊張したり、そのためにレッスンに励むこと

たった何分かの発表に真剣に向き合う事で

レッスンの生徒さんは驚くべき進歩を遂げます。

 

では英会話は?

 

英会話に発表会というのは、なかなかありません。

 

スピーチコンテストはありますが

それは会話とは少し違うものです。

しかもそれぞれのモチベーションは様々です。

 

英会話でいうなら、発表会は海外旅行でしょうか?

でも、いつも海外旅行に行けるわけではありません。

 

そこで、気軽に参加できる楽しい発表会

というのを企画してみました。

 

もちろん、緊張感が少ないように

「大」忘年会

「大」節分パーティー

という名前にしてみました。

 

みんなが参加しなければ意味がないので(笑)

 

 

お料理があるからワクワク。

条件は一つだけ。

 

何か一品食べるものを持ってきて下さい

たったこれだけ。

 

でもこれがとっても楽しい!

 

自分が買ってきたものでも、作ったものでも

なんでもありです。

 

そのお料理がきっかけとなって

とっても楽しい会話ができるんです。

 

「これはどうやって作るんですか?」

「あなたが作ったんですか?」

そこから話が始まります。

 

ハードルはうんと低いのも嬉しい。

 

今回は、皆さんがドキドキしないように

 

「英語を話すことが基本だけど、

日本語もオッケー!」

という条件?をつけました。

 

だから、楽しい。

 

話せるところだけ英語。

どうしても無理なら日本語。

 

この気安さで総勢24名参加の

楽しいパーティーになりました。

 

英語は気軽に話せばいい。

だから気軽に話せる楽しい場所を!

そう思って始めた英会話のレッスンですが

ようやく一つのポイントに達した感じです。

 

友達の友達はみんな友達。

 

最初はLCSのクラスの方に限定で始めましたが

2回目からはお友達も誘い合わせて参加可能にしました。

 

私の英会話が気に入って通って下さっている方ばかりなので

基本的な感覚は近いのかなと思います。

 

そのお友達だから、きっと大丈夫。

そう思ったのです。

 

結果は大成功!

本当に楽しくて、たくさん食べて

残ったものはみんなでお土産にして。

人がたくさんいるところが苦手な私も

本当に楽しくて、ずっとワクワクしました。

 

レッスンに来て、いろいろな方と出会って

英語が話せるパーティーもできる。

 

本当に楽しいですよ!

英語で新しいドアを開きましょ!

https://youtu.be/eu_GvWArwQg

 

 

 

 


メガホンのアイコン お知らせ - news -

2017.12.01
英語を続けた人の話

何のために英語を習うの?

「英語をやってみたいんだけど。」というと

こんな風に言われることはありませんか?

 

みなさんなら、これに何と答えますか?

「仕事で使うから」

うん。すごく必要性を感じるいい答えですね。

「時間ができたから。」

「何となく。」

「好きな歌手や俳優が何て言っているか知りたくて。」

何となく弱い感じがしますね。

でも、

私は理由なんて何でもいいと思っています。

友達を作りたいから、でも

違う自分になりたくて、でもいいんです。

 

何かを始めたい!というその気持ちが素晴らしいと思います。

もちろん、英会話を習得するのは時間がかかるし

それなりに努力をしなくては結果につながりにくいのも事実です。

 

でも、自分に何かをしてあげたいという気持ちがあれば

きっと結果はいいものになると信じています。

 

すごく進歩した彼女のハナシ。

彼女はとてもおずおずと、カフェ英会話に参加して下さいました。

英語で会話する割合の高いレッスンで

「すいません、今のは何ていったんですか?」と

すまなそうに話を中断することがよくありました。

 

彼女にとっては、とても勇気のいることだったと思います。

もちろん、私は全く気にしません。

だって、お金を払って参加しているのだから、

どんどん質問してほしいからです。

そうして英語に挑戦してほしいのです。

 

話が逸れましたが、

彼女は多分とっても自分自身と闘いながら

レッスンに通って下さいました。

 

1年経ち、2年経った頃から

だんだん会話に参加できるようになってきました。

もちろんその間も、くじけそうになり、その他の用事もあって

何回かお休みされることもありました。

 

それでも、彼女は通って下さいました。

 

3年が過ぎた頃から、彼女は最初の頃と別人のように

楽しそうに英語を話して会話に参加されていました。

それから期間で働くお仕事が入って

お休みされることもありましたが、

時間を見つけては通ってくださっていました。

 

今年に入って、私が全部のクラスの皆さんと約束した

TOEICの点数をクリアするために、

何度もテストに挑戦するのを見ていて、

彼女もTOEICに挑戦しました。

結果はとてもいい点数を取られました。

私も「ドキッ」とするほど。

 

しかし、そのテストに取り組み過ぎて、

ちょっと英語から離れたくなったとのことで

しばらくお顔を見ることはありませんでした。

 

でもまた時々レッスンに参加してくださるようになったある日。

「Jane,私英語を使うお仕事に就くことになりました。」と

連絡を受けました。

最初のオファーは、躊躇しているうちに他の人に

取られてしまったんですが

2度目のオファーを受けて

今は英語のメールや海外とのやりとりをする部署で

イキイキと働いていらっしゃいます。

 

彼女は最初からそういうお仕事をするつもりで

レッスンに通って下さっていたわけではありません。

でも、地道に通って

くじけたり、がっかりしたりしながら

素敵な今をつかんだのです。

 

心から素晴らしいと思うし

彼女の努力を、今は一人の友人として誇りに思います。

 

素晴らしい自分に最初からなれる人なんていません。

がっかりしたり、くじけたりしながら

諦めなかった人に

運命は微笑みます。

英語のレッスンが全てではありませんが

きっと、新しいことを始めることで

そういう自分になれると思います。

 

その新しいことが

Life Creator’sStudioの

レッスンでありますように。

 

 

 
 

メガホンのアイコン お知らせ - news -

2017.11.16
日本にいるのに外国気分!

海外に行かなくても英語は上手になりますよ!

というのは、英語は「使って上手になるもの」だからです。

まずは使ってみて、

相手の反応から伝わったのか、伝わらなかったのかを判断して

上手く伝わらなかったら、違う言葉で表現してみる。

 

こうやって上手になってゆきます。

 

聞いているだけで自然に話せるようになるわけではありません。

もちろん、英語の音には慣れますけど。

 

海外に行けば英語が上手く話せるようになるというのも「?」です。

一言も話さず帰って来たら、多分行く前と同じ自分が帰って来ただけです。

 

むしろ自分から進んで英語でコミュニケーションをとるなら

日本にいても、英語はどんどん上達します。

そんな考えをベースに、日本にいながら海外と同じ状況を作り出せれば

きっと英語は上達するだろうという仮説に基づいて考えたイベントが

English Lunch OutとEnglish Night Outなんです。

 

当たって砕けろ!の気持ちで、楽しんで!

上手くなったら話そう。とか、

テストで何点以上取れたら集まりに出てみよう…

そんなルールは、百害あって一利なしです。

習うより慣れろが英語の基本。

特に日本人は高校までで文法の基礎を叩き込まれているので

「私は英語ができない」と言っている人のほとんどが

かなり英語が話せます。

 

まずやるべきことは

間違えたら恥ずかしい…

発音が上手くないから…

単語を知らないから…

といった心にずっしりとかかった重い鎖のような「迷信」を

取り除くことなんです。

言葉はコミュニケーションの道具です。

英語の文法も、もちろん大切ですが、まずは

目の前の人と話をしたい!

その気持ちを大切にして下さい。

当たって砕けたら、砕けっぱなしにならないで

どうやったら伝わるかに神経を集中してみましょう。

伝えようとしていることの中心はなんなのか、

どんなイメージなのか、

それを探ってみることをお勧めします。

 

まずは「安全な」日本人と

いきなり海外に行って、ネイティブに英語で話しかけたら

よっぽど親切な人でもない限り、彼らのペースの英語で話して来ます。

ナチュラルスピードに慣れていない人は、そこで白旗が上がってしまいます。

 

そうならないためにも

English Lunch OutやEnglish Night Outなどで、

日本人と英語で話してみることをお勧めします。

基本2時間、頑張って英語で話すことを勧めていますが

どうしてもわからない時は日本語を混ぜても大丈夫。

元々、察するのが上手な日本人。

さらに文化も共有しています。

集まる方々は地域も似ているので、それこそ

安心して英会話ができるのです。

しかも

美味しいお料理を食べながらなので、

とてもナチュラルに会話ができます。

おしゃれな服を着て行く機会がないとお嘆きの方にも

せっかくのパーティーですので、おしゃれして来て下さい。

そうすると、そこから話が弾みますよ。

 

以前はレッスンに通って来てくださっている方限定でしたが

少しずつルールを緩和して

レッスンに通ってくださっている方のお友達

以前通っていてくださった方、

事前に私とメール等でやり取りした方

などの方々も参加していただいています。

 

もしご興味がある方は、ぜひご連絡を!

日本にいても英語は上手くなります。

「やってみよう。」という気持ちが皆さんの夢の扉を開きますよ。

いつでもお待ちしておりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メガホンのアイコン お知らせ - news -

2017.10.25
テイラー100本ノック!

Taylor,まさか!そうだったの?

現在火曜日の「歌で上達英会話」ではテイラー・スウィフト

(Taylor Swift)のWe are never ever getting back togetherを

レッスンしています。

最初は、「楽しそう!」と思ってレッスンに臨んだのですが

さすがはテイラー。

難しいんです。

歌はサビの部分だけと言っても過言ではありません。

じゃあ、その他は?

そう、ラップなんです。というかラップくらい言葉が多くて

歌うのが難しいんです。

リズムに言葉がのっているというより、

むしろ言葉をリズムに詰め込んでいると言った方がいいかもしれない。

Taylor,まさか、そうだったのね。

 

Taylor100本ノック!

先ほどもお伝えしましたが、

とにかく言葉は早いし、たくさんある。

ということで、どこをどう発音するかを

テンポを変えながらレッスンして、あとは・・・・

Taylor100本ノック!ということで

メンバーの皆さんとヒーヒー言いながら

とにかく繰り返し、歌ってみました。

私は2回に1回くらいはお二人が歌うのを聞いて

*どこが歌いにくそうなのか

をチェックしました。

その部分をレッスンしてからまた100本ノック!

するとあら不思議!

はまるようになるんですよね。

しかも、この曲はティーンエイジャーが彼との別れを

友達に話しているような内容なので、

日常会話の表現がいっぱい!

さらに、早く発音する部分とかも歌ならとってもわかりやすく

練習できたので、いろいろな表現の「ネイティブの発音」が

できるようになりました。

…というか、それができないと、歌えないんです(苦笑)

 

これは運動部並みの語学クラス!

本当に。

ワークピア磐田主催の語学クラスで、ありがたいことに私の英会話は

毎回満員御礼で、キャンセル待ちも出ることがあります。

こういうのは、運動系の講座ではあるそうなのですが

語学系では私のクラスのみとのこと、

「え?じゃあ私のクラスは語学系運動部?」と思わず声をあげて

担当の方と笑ってしまいました。

でも、このTaylor100本ノックをやると、語学系運動部というのが

本当に思えてきちゃいます。

でも、60分みっちりこれをやると

*聞き取りが驚くほど進歩する

*英語の言い回しがスムーズになる

この2点に関しては自信を持ってそうなりますと言えます。

嘘だと思ったらぜひ参加してみてください。

ハマりますよ〜!

 

 


メガホンのアイコン お知らせ - news -

2017.10.03
Never Give Up!がくれたご褒美

年の始めの抱負のゆくえ…

LCSの全てのクラスで、

年の始めに何か目標を立てていただいています。

理由は、そのクラスに通うことで

どんな風に自分の英語の力が伸びたのか

知ってほしいからです。

 

確かに、ただ通うのが楽しいと

おっしゃってくださる方もいます。

それはそれでとても有り難く、

楽しく通っていただきたいと思います。

 

でも、英語がペラペラと話せるようになりたい!

とか

ドラマや映画を字幕なしで見たい

などとおっしゃる方は、まずそのために

どんな努力をして

今どの辺りなのかを、常にチェックすると

自分の進歩がはっきりします。

私も、レッスンのお金を頂いている以上

何かをレッスンから得ていただいて

「進歩した」と実感していただくのが

講師としての自分の仕事だと思っています。

そのためには通ってくれる方々が

*何を必要として

*どうなりたいのか

を教えていただきたいのです。

そのために皆様にアンケートを取らせていただき

レッスンでも発表していただきました。

 

そうは言っても、クラスによって、個人によって

目標は様々です。

私はそれでいいと思っています。

 

自分にあった目標を立てて、

その少しだけ先を目指してみる。

進歩してゆくにはこれが大切だと思っています。

 

それは他人にどうこう言われる筋合いのものではないので

「挨拶がスムーズにできるようになりたい」とか

「なるべくクラスに参加できるようにしたい」でもいいですし

「英語の簡単な表現を100個覚える」でもいいのです。

 

私もやらなくちゃ…

こうなると

「じゃあJaneはどうなの?」

ということになります。

やはり人に言うなら自分もやらなくちゃ

と言うことで

目標を立ててみました。

TOEICで900点以上とります。

 

「あれ?このホームページのトップでも

『英語は点数ではありません』って

言ってるじゃないですか?」

はい。そうなんです。

英語で会話をするのに資格もテストの点も

必要ありません。

これは全く個人的な理由で決めました。

 

自分が教わるなら、最高の先生に教わりたいと

思いませんか?

自分が教わるなら学び続ける先生に教わりたいと

思いませんか?

私もできるならそんな講師になりたいと思っています。

それに、企業様とお仕事をさせていただく時に

一定の指標のようなものがあると理解していただきやすいのです。

TOEICというのはとてもわかりやすい指標なのです。

そのため、人様に教えるレベルということで

900点以上は必要かな?と思いまして

この目標を設定しました。

 

さて、レッスンでの皆さんの新年の抱負は

どうなったのでしょう?

とりあえず、私の目標はあと少しです。

9月のTOEICで900点になりましたので

あと1点でも取れたら目標達成です。

 

本当にほっとしました。

どうやってここにたどり着いたかは

また次回!

 

 


1 / 41234
ロゴ

ワークピア磐田

〒438-0086 静岡県磐田市見付2989−3

竜洋なぎの木会館

〒438-0231 静岡県磐田市豊岡6605−3

PAGE TOP